『沈黙』『ドクター・ストレンジ』

やっと余裕が出てきたので、1/31に沈黙。
2/1にドクター・ストレンジを見てきた。


『沈黙』
3時間弱あったみたいだけど、全くそう感じさせない面白さがあった。
(まぁ、僕は長い映画でも全然大丈夫な方なんだけど)
塚本さんや窪塚さんの演技もよかったけど、特にイッセー尾形さんの演技は群を抜いて面白かった。
これが日本語がわからない外国の方にも伝わる演技でとてもすごい。
僕がゲラゲラ笑ってる横で、感受性豊かなおばちゃんがビクビクしていたのも印象的。
そりゃ、そうなる。
原作を読んでいないのでなんとも言えないのだけど、
最後の展開がなかなか映画的じゃないっていうか、そうなるのか……。
って流れでとてもよかった。

惜しむらくはやはり、日本でロケできてないことかな。
規制はもとより、現代の日本じゃ広い画を撮るのには向かないから仕方ない。
狭い画ばかりだと見てる方も窮屈に感じてしまうもんなぁ。
そんなことを考えてしまう映画でもあったね……。


『ドクター・ストレンジ』
わりと期待していたんですが、あんまり……って感だったかな。
戦闘シーンはいつも各ヒーロー毎に凝った作りになっていて好感が持てるんだけど、
如何せんストーリーがテンプレすぎやしないか……。
まぁキャラクター紹介と割り切って、今後の展開を楽しみにしようかな。


個人的に、アベンジャーズ的にヒーローを統合しちゃうのがあまり好きじゃないんだよな。
X-MEN、スパイダーマン、スーパーマン、バットマン。
それぞれ独立した空気感で面白い映画になっていたと思うんだけどなぁ。
原作がそうだと言われたらなんとも言えないんだけど。
ホームカミングを楽しみにしつつ、不安が残るこの感じ。

とりあえず、ローガンまで頑張って生きよう。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する