『アイドルマスタープロデューサーミィーティング』

奇跡的に両日チケットが当たったので、行ってきました。
(両日3階席だったけどな!!)
というわけでその話でも。


「Day1」
なんと言っても開始の楽曲がチェリーだったことに驚き。
Pの投票で決まるというイベントだったのですが、僕はどうせジブリかマスピあたりに
落ち着くと思っていたので、それだと面白くないなぁと思いつつゴマエーに入れたんですが、全くの杞憂でした。
曲が流れはじめたときのざわつきと、メンバーが全員横に並んで揃った姿は忘れられません。
背景の演出もとても良かったです。
この時点でコール入れられないくらい感極まってしまいましたね……。

続いてコーナーが二つ。
投票結果についてのお話と、生アフレコ。
どちらもメンバー同士の容赦ない殴り合いがとても懐かしく感じましたね。
誰にどう振ったらなにを答えるか、それがわかってるからこその無茶ぶりですね。
アイマスのこういう、綺麗すぎない部分が好きなのでそれが見られて安心しました。

そしてサプライズ登場する秋月涼役の三瓶さん。
これは会場が沸くのも無理がないはなし。
律っちゃんとの掛け合いは感動したの一言ですかね。

今回、久々登場の神が楽しそうにはしゃいでいて、
見ているこっちも元気がもらえたし、主役って感じでした。
本当に良かった。

そして、ダズリングワールドの後に765のライブパートが開始。
全員揃って歌うライブ革命は本当に圧巻でした。
言葉も出てこねぇ。

PM曲も全部良かったですよ。
ミラクルナイトはノリノリだったし
レジスタンスはやよいの力強い声がものすごく響いてたし
アマテラスのサビの振り付けが一部ゲームと一緒で感動したり。(足ぶらぶらするところ大好き)

そして、紅白応援V。
僕は白組に入ることが出来たので感無量でした。
最初はバラバラなのに徐々に固まっていくコールは初披露ならではだなーと。
反対側のコールだけ聞こえるのが、かなり迫力があって新鮮だったなぁ。
これは大成功だったと思う。

最後はハッピーとアイドルマスターで終わり。

とても満足感の高いイベントでした。
二日目に続く。

「Day2」
なんと1位の曲が団結(2010)。
当時のことを思い返すといろいろアレですが、遂に過去を笑い飛ばせるときになったんだなぁと。
元気な曲なのにしみじみ感動してしまいました。

今回もコーナーは同じ。
でも、一部選択肢が違ったのでかなり楽しめました。
みんな全力で意地悪な選択肢を選ぶのはプロデューサーだなって感じで面白かったですね。
そして、今回のゲストは玲音役のみのりん。
いやぁ本当圧倒的な歌唱力。9th2日目は当たらなかったから、一度見られて感無量ですです。

あとのライブパートは一緒だったので、
とくにコメントもないのですが、
紅白応援Vは二日目の精度がもの凄くて、前日より格段にすごかったし面白かったですね。
今回は紅組でしたん。
これはCDの発売が楽しみすぎるね。

二日目はやっぱり最後の挨拶の部分かな。
キングの30周年まで頑張ろうよって話とか、ひろりんの今回話を聞いたときに想った気持ちとか。
とくにミンゴスの「歌だけのライブがやりたい」っていうあの叫びは心に響いた。
メンバーだって今じゃ子供のこともあるしバンナムにも諸々考えがあるだろうに、
それでもあの場所で、確認せずにこの言葉を言うのはもの凄く勇気があることだと思う。
それに続く、あさぽん、仁後ちゃん、釘宮さん、はらみーの涙とか。
制作側はあそこまでキャストを不安にさせてしまったらいかんだろ、と。
もちろん我々の知らないことはいっぱいあるんだろうけど……。

ニュービジョンとはなにか、それがあまり伝わってこなかったのは残念だけど。
なにか希望はみえた気がするミーティングでした。

とても楽しかったです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する