『ブリッジオブスパイ』

そろそろ新しい映画も始まるので、
今日観ないとタイミング逃すなぁと思ったので、
無理して見てきましたよ。


『ブリッジオブスパイ』
悪く言うと地味よく言って控えめな作品でした。
事実を元にした話なのだから、こんなものかな……と納得もできるのですが、
スピルバーグにしては音楽も抑えめだし、少し違和感が。

スパイを弁護することに難色を示していたトムハンクスが、
最終的に上訴すれば無罪もあるかもしれない!
という考えに至るまでの過程が客に対して説明不足というか、描ききれてない気がしました。
その部分が淡々としているので、スパイとの間になぜ絆めいたものが生まれたのか。
ターニングポイントになるべき場所がわからなかった。

スピールバーグの映画が全部面白いかって言われたら別にそうでもないんですが、
楽しみにしていたので思った以上にショックを受けました。
別につまらないワケじゃないですが、普通です。
コーエン兄弟と相性悪いのか?
いや、世間では絶賛の嵐かもしれない……。
わからん。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する