スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろ更新

P4Dクレイジーバリューパック買いました。

感想としては、ストーリーモードがだるい……ですね。
最後の展開は盛り上がるんですが、前半戦で同じ流れを4回やらされるのは
正直きつい。しかも、その流れがP4からのお決まりの流れでしかないので、
新鮮味もひねりもないので……。
あと、ところどころ入るギャグが寒い、っていうか
テイストにあってない気がするんだよなぁ。
あと、やはり主人公が鳴上くんになっちゃってて、
俺の手を離れた存在になってしまったので、俯瞰的にこのメンバーを見てると
ちょっと仲良すぎて引く(これは個人的な話ですが……)
まぁダンスする必然性を出すためのオマケ程度に考えればいいかな。

肝心の音ゲー部分は映像も相まってなかなか面白いです。
曲に対してメインダンサーが決まってるのは残念だったけど、
モーションのこととか考えると仕方ないのか……。
そこらへん色んなメンバー使えたら楽しかったのになぁとは思うね。
MAZE OF LIFEは嬉しかったので、P3メンバーと曲もおなしゃす。

あとやはりDLCの問題は根深い。
ソシャゲの諸々でハードルは下がったとはいえ、
雑誌に特典つけたりするやり方は面白くはないですね。
衣装なんかおまけという意見もあるだろうけど、こういうゲームにおいて
衣装レパートリーは大きな存在だったりするんだよなぁ。


・MASTER ARTIST 3 7,8,9
DSC_0144.jpg
MAシリーズはキャラクターの個性に特化した曲が聴けて本当に良い。
本当どれも良いです。ため息出るくらい。
あの日のナミダはあずみん雪歩だからこその曲って感じでとても良い。
待望のあずみん版「Kosmos, Cosmos」のフルが収録されているのもデカい。
10thライブ、めっちゃ楽しみです。


あとは近々に見た映画など

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』

熱狂的な人気を誇るマッドマックスシリーズが帰ってきた。
約30年ぶりの新作で、
主役はメル・ギブソンからトム・ハーディへとバトンタッチ。
僕は昔ビデオで1,2を一回見たくらいで、サンダードームに関しては未視聴。

感想としては、まず最初に思ったのが
マッドマックスなのに映像が綺麗だな!! って部分。
そこかよ、と思うかもだけど前に見たのビデオだったから……。

最初からテンション高くて、この映画はなんか違うぞ!?
と思わせてくれる力があります。

分かりづらい部分や説明不足はあるけど、
そんなもん説明する必要ねーんだよ!
という続編ならではの作りが清いです。
それでいて、押さえるところは押さえてあるので、説得力がすごい。
「引き返そう!」となる流れはお見事だ。

あとトム・ハーディからメル・ギブソンを感じる部分が
何箇所かあって、すごいなぁと。まぁ、勝手に思っただけですが。

終わった後に足取りが軽くなる
ストレートにおもしろい映画だった。


『アベンジャーズ/エイジオブウルトロン』
ネタバレあり

感想から言うとイマイチ。
その理由はテンポの悪さと、
誰もアベンジャーズに高尚なものなんて求めてないんだから、
1くらいの軽い感じで作れば良かったのでは?って部分。
あとおまけに、悪役であるウルトロンの存在感のなさですかね。

まず、クイックシルバーとスカーレット・ウィッチの扱いがつらい。
実験で生き残った改造人間って設定なら、
最初の方はもっと感情を失ってて良かったんじゃないかな。
明らかに頭おかしいウルトロンにほいほい付いて行って、
「え? 話違うじゃーん!」となる流れなんて、
見ていて苦笑いしかできなかったわ。
なので、スカーレット・ウィッチが再起する場面と
クイックシルバーのアレが効果的にならずに消化不良になっていた感じ。

あと、スタークがウルトロン造ることになる流れが納得いかない。
最初はスカーレット・ウィッチに操られてそういう方向性になったのかと
勘ぐってたんだけど、どうやら違うようで……。
いや、幻覚見せたんだから間接的にはそうなんだろうけど、
もっと露骨にやっちゃった方が良かった気がする。
不可抗力とはいえ、全部お前らのせいじゃ~んという流れは
ストーリー上、避けたほうが良かったんじゃないかな。
人々を助けてる場面も、いやいや元はお前らのせいだろ!
とかどうでもいいことが頭を横切ってまともに見られなかった。
つーか今回、他国ばかり迷惑にあっていませんか??

最後にアベンジャーズの仲間割れ的な部分。
バラバラからの一致団結という流れは全然問題ないんだけど、
見せ場であるはずのハルクバスターVSハルクが、
話の展開的に全くもって不必要だったのが残念。
というかほぼスカーレット・ウィッチの洗脳効果が話的に
良い方向に左右してないんだよな……。

そんなところに尺をさかれて、
ついでにヴィジョンまで出てきちゃったからか、
存在感が全くなくなってしまったウルトロンには同情してしまうわ。
デザインも斬新さがないし……。弱いし……。

CGばりばり使った戦闘シーンも
全然盛り上がらくて逆に新鮮な出来になってたよね……。
そもそも、最初から最後まで新しさのない戦い方で泣いた。
予告編のアントマンの方がテンション上がったぞ。
アベンジャーズなんてヒーローいっぱい出てくる数少ない映画なんだから、
もう少しキャラクターの良さを活かした連携プレーで魅せてくれれば
それだけで大満足なので、次回作頑張ってくれ!
としか言い様がないです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。