ふぇ~

『地獄の黙示録』のコッポラ本人による音声解説を聞いて目からうろこがボロボロ。
まぁ、紆余曲折合った作品なのは有名だし知ってたけど、
本人の口から聞くと「すげぇなぁ」としか言いようがない。
ナパームのシーンも、あの中で演技するロバート・デュヴァルすげぇ!!
くらいに思ってたけど、そうだよなぁ下手したら人死が出るよな。

どちらかというと早撮りで面白く撮るドン・シーゲルの映画みたいな、
商業主義的な作品の中に訴えかけるモノがみえる映画が好きなんだけど、
こういう撮り方をしていなかったら僕らの知る『地獄の黙示録』
は存在しなかった。ということを考えると、映画ってやっぱすげぇなと思う。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する