『ウルヴァリン-SAMURAI-』

朝からウキウキ気分で自転車転がして映画館向かってたら
途中で画鋲が刺さって前輪がパンク……、
おおぅこれが十三日の金曜日と仏滅が合わさったパワー。
この糞暑いなか、自転車押して残り1/3の距離を歩く悲しみすごい。


『ウルヴァリン-SAMURAI-』
辛い点がいくつか(※ネタバレは反転)
---------------------------
ヤシダと信玄が小者すぎて悪役として捻りもなくキツイ
マリコとユキオ以外、日本人にまともなのが居ない
再生能力無くなっても割と頑張れたローガン
・マリコとユキオの微妙演技、その中で超絶上手い真田広之
(おまけにカタコトの剣一郎が絡んでくるのですごい違和感)
・日本人としてどうしても日本の表現が気になって集中できない
---------------------------

こんなところかなぁ。
突拍子もない部分は御愛敬として、日本の表現は良くできてたと思う。
マリコとユキオの演技も途中から気にならなくなってくレベルではあるしね。
ユキオなんか忠犬っぽくて途中から好きになったわ。

まぁ多分色んな意味で評価は低い作品だと思うけど、
個人的にはこれくらいこぢんまりした作品が好きだなぁ、
日本うんぬんに目がいくけど、結局のところローガンが自分探しする話だもんな。

↓以下ネタバレでちょっとだけ
エンドロールの途中に、お約束のようにおまけシーンが挿入

-2年後-

のテロップの後に空港の荷物検査機に並ぶローガン。

ん、んんん?

と思いつつも、はは~ん、これは最初にやった金属探知器のときの台詞言って

ちょっとクスリときて終わるヤツだな?と思ったら

見慣れた感じで金属がプルプル動き出して!とんだ!!!!

もうこの時点での興奮度がMAXすぎて鼻血吹きそうになりながら

ま、まままままままさか、くるのけ!?くるのけ!!!?と思ったら

案の定後ろにマグニートー先生が登場!!!!

イイイイイイイイイイイイヤッタァァァアアアアアアアアアア!!!!

と思ったら何か知らんけど、手を貸してくれとか抜かしてきて、

え、マジで?マジで?まさか、もしかして!!?と思った瞬間に

客がストップ! プロフェッサー参上!!!

ウワアアアアアアアアアア!!!!!!!!!!

急に仲良くなった二人にちょっと手を貸してくれ、と言われて唖然とするローガン

-FIN-


この展開……マジで胸が熱すぎるだろ。
お互いに思惑はあるんだろうけど、
ファーストジェネレーション効果もあって、マジで、もう、たまらん。
X-MENの次回作が楽しみすぎて生きる気力が沸いた。
頑張って生きよう。
正直この展開がすごすぎてSAMURAIの内容が若干とんでしまったぞ。
このためだけに1000円払っても良いレベルすぎた。生きてて良かった!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する