スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホリディ』

ラブロマンスコーナーに置いてなかったから取り扱ってないのかと思ってたんだけど、
ジュード・ロウのコーナーに置いてあった。
間違っちゃいないけど、せめてキャメロン・ディアスのコーナーなのでは!?
うん……。
そんな僕はイーライ・ウォラック目当てで借りたわけですが。


『ホリディ』
最初演技がくどいなぁ、と思ってたんだけど見てる内に慣れてきて割と心地よく見られて良かった。作曲家のマイルズの登場シーンでニューシネマパラダイスのテーマが流れて吹いたんだけど、設定がモリコーネ好きだったので何かもうそれだけで個人的に良いかなぁ、と。しかもその流れのあとすぐにイーライ・ウォラックが登場するという分かってる感じに何か割と感無量でしたね。新たな人間との出会いによって今までしなかったことに少し触れて変わるという温かいストーリーで、ラブコメとしても面白い映画でした。


つ(モリコーネの名曲で僕が映画の中で一番好きなシーンで流れる曲「黄金のエクスタシー」)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。