スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Live Free or Die Hard

野沢那智さんが亡くなりましたね。
好きな役者さんだったので非常に辛いです。
アラン・ドロン、イーストウッドの吹き替えも勿論ですが、
やはりなんと言ってもブルース・ウィリスでしょう。
子供の頃、放送する度に何度も何度もみたし、
ビデオにも録画して何度も何度も見たなぁ。
それが今の映画好きなところにも反映されているわけで。

ガラスの上を裸足で逃げ回るときの声、
階段で敵をボコボコにしながらの叫び。
鎖で敵を縛り上げるところの演技。
最後の向かい合いの笑い合う場面、強烈でした。
2の飛行場のなんでいつもこんな目に!
ホーリー、ちくしょう、イエーイ。
吹き替え映画ならではの面白さをだしてくれる最高の役者でした。
ご冥福をお祈りします。

好きな人が亡くなると本当に辛い、嫌でも世の中が流れてることを実感してしまう。
ゆっくりだから分かりにくいけれど、徐々に時代は進んで居るんだ。
僕もうかうかしてられない、一生懸命走らないとな。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。