スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『エイリアン:コヴェナント』

プロメテウスが賛否すごかったけど僕はあまり楽しめなかった方なので、
とりあえず見ておくかくらいのノリで劇場へ。

ネタバレはありまぁす↓


『エイリアン:コヴェナント』
キャラクターと化したエイリアンを取り扱った作品とは違う
重々しい空気感があってとても面白かった。

最初のネオモーフが出てきたときのパニックぶりなんて本当にすごい。
女性クルーがショットガンを取りに行くときに通路で障害物に当たってこけるんだけど、
あのあたりなんて映画ではなく本当に襲われてるんじゃないかってくらいの迫力だった。

ほとんど主役がマイケルファスベンダーなので、
最後急に勇ましく戦うダニエルズが強すぎて笑ってしまったが……。
そこら辺はツッコミを入れるところでもないか……。

ラストの流れは読めてしまったんだけど、それでもゾッとするものがあった。
入れ替わるタイミングとしては、もちろん取っ組み合いの後だとは思うんだけど、
旧式でどう逆転したのだろうか……なにか伏線を見逃したのかもしれない。

エイリアン誕生の秘密も納得だったんだけど、
そんなにマニアじゃないので引っかかる部分もいくつかあったので
もう一回プロメテウスみたりなんなりしてみようかな。
スポンサーサイト

『ダンケルク』

9月はいろいろ映画をやるので、
見に行きたい映画が溜まって思考停止になる前に。


『ダンケルク』
そこそこ面白かったんだけど、
こういう映画なのか……という困惑の方が大きかった気がする。
(事前情報なにも得てないので)

この映画は人間ドラマというよりは起こった事象と、
それに翻弄される人々を描写することに専念した作品だと思った。
登場人物の名前も別に必要としない作りなのは潔い。

時間軸も結構いじってて、ノーラン映画だなぁって感じもした。
ただ、これが効果的だったかは疑問。

特にマークライランスの船が先に出発したはずなのに、
他の小型船たちと同じタイミングでダンケルクに到着してるように見えたのがよくわからん。
距離が近いとはいえ、イギリスを先行して出発したわけだし、
時間いじくってるにしても見せ方としては到着して、兵隊たちを救助しはじめるのは先になるはずでは。
パイロットを助けてる間に追い抜かれたとしても、描写に違和感があったんだよなぁ。

なんかふわっとした感想になったけど
期待しすぎたかなぁという感じ。

多分この映画で言いたかったことは、ラストの盲目のじいさん辺りで気づくのかな、
とか思ったけど頭が悪すぎて何もハッとしなかったので、
もうちょい歳を重ねて、また見る機会があったら感ずるところがあるのかもしれない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。