『ジョン・ウィック:チャプター2』

前作が奇妙な面白さがあったので
あまり期待せずに今回も劇場へ。


『ジョン・ウィック:チャプター2』

続きもの利点は面倒な説明がいらないところ。
この映画をどんな映画か理解した上で見に来る人が大半だからだ。
しかし、その変わりに前作を見ていることが前提になるので、
客層が狭まるという諸刃の剣なわけで……。
前作のあの特殊な感じを考慮すると、上映館数が少ないのは仕方ないな、という感じ。
ただ、あれで楽しめた人間はだいたい楽しめると思うので、
バイオハザードみたいに、細々と続いてほしい映画ではある。

ただ、今作は前作のような奇跡的な、変な映画だけどなんか楽しい……。
という部分が若干薄れているように感じた。
その理由は、(そういう映画じゃないにしても!)
いくらなんでもストーリーに無理があるように感じたからだと思う。
ジョンウィックがダントニオと契約していたことも、暗殺者が大挙してジョンを殺しに来ることも……。
どうしてそうなるんだよ!
という突っ込みを心の中で何度も入れてしまった。

まぁでも、この映画のテイストはなんだか癖になる面白さがあるし、
見終わったらなぜか許せてしまう魅力があるので、次回作にも期待したいという感じ。

これもひとえにスタッフがノリノリで楽しそうに作ってる姿が容易に想像できるからこそ、
そう感じるんだろうなぁ。

『ハクソー・リッジ』

このままだと見に行かないで終わりそうだったので
どうにか重い腰を上げて映画館へ。
最近どうにも、何事に対してもやる気が出なくてとてもよくない。


『ハクソー・リッジ』
メルギブソン監督ってことで、ゴア表現などなど
構えて見始めてしまったんだけど、そんなこと関係なくいい映画だった。
やはり自分の意志を貫く人を題材にした映画は面白い。

それにしてもエージェント……じゃなくて、父親とのシーンがどれもすごかった。
普通父親を描くのであれば、ろくでなしか憧れの存在であることが多い。
でもこの映画の父親は主人公のトラウマ且つ、愛する家族として描かれている。
戦争が父親を変えたという課程はあるものの、この関係性は実にリアルに感じた。
拳銃を取り上げたときも、母親を殴ったあとも根本的な解決はせず、目を瞑り……。
数日後には普通に暮らしていたのだろう。

すべての行動にきちんと合理的な判断や、
答えが提示されていて本当に良く出来た映画だったと思う。