スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『アントマン』

予告編から楽しみだったアントマン見てきました。


『アントマン』
ギャグのキレがよくてとてもおもしろい映画でした。
悪役も過去の因縁や関連付けが良く出来ているので
迫力だけの某ウルトロン様よりは興奮しました。

負け組が仕方なくヒーローをやるという流れが、
僕みたいなルーザーには希望が与えられた気がしてスカっとしました。
三馬鹿も使い捨てられずに活躍するし。
(といってもこいつら割りと技術あるような……あ、便利キャラ)

アクションシーンも特性の面白みを十二分に発揮してて笑いが耐えませんでした。
小さくなったアントマンVSイエロージャケットの迫力ある戦闘から、
急にリアルな世界を見せるのずるいでしょ、
あんなの何回繰り返されても笑っちゃうよ。
オーケーそういうスタンスね、と思って身構えてたら
アレが巨大化したりして腹筋が決壊したよね。

開始早々の刑務所のシーンから思いましたが、
この監督は観客の心を揺さぶるのが上手いですね。
変にやると鼻につくのですが、素直に笑えました。

役者はホープを見て、ケイト(芝)ってなってしまいましたが、
僕は元気です。
マイケル・ダグラスは『ウォール・ストリート』で久々に
見た気がしてたのですが、あれもう5年くらい前なんだよな……。
時が流れるの早すぎませんか?


やってることは基本的に同じでも、
素材が良いとここまで面白くなるのか、という作品でとてもよかったです。
もちろん作り手のセンスあってこそですが。

アヴェンジャーズに入ったら戦闘でしか個性発揮しなさそうなので、
このままアントマンシリーズが続くと面白そうですね。
(まぁ、このネタだけで何作も続けるのは難しそうですが)
スポンサーサイト

『ピクセル』

見てきましたよピクセル。
やっぱりワクワクするじゃん。こういう映画。


『ピクセル』
涙ちょちょぎれるほど面白いわけじゃありませんが、
子供から大人まで楽しめるコメディ映画になっていて良かったと思います。

残念なところは序盤のテンポの悪さです。
ホワイトハウスまで時間かかり過ぎじゃないっすか?
1面1面クリアしていく流れと、軍と信頼関係築いていく感じは、
説得力あって良かったとは思いますが、
ここ、もう少しサクサクお話展開できたんじゃないですかね。

あとはエディが戻ってくる下りが若干気になりましたね。
子供が連れ去られてるのを見るとか、
1カットでも表情があれば後の展開が良くなったと思います。
ここらへんの展開がもう少し面白かったら、
サムが自信を取り戻す部分が
多少はドラマチックになったような気がします。

敵に勝ったらキャラクターを送ってくれるとか、
どういうこと?な部分もありましたが
随所に笑いが散りばめられていて楽しい映画でした。

ショーン・ビーン年取ったなぁ……。

『キングスマン』

立川シネマシティのキングスマン爆音試写に当選したので行ってきましたよ。
(なお、空きがあったから倍率は……)
ここは定期的に会員向けのイベントをひらいてくれるからいいですね。
平日映画1000円で見られるし、ついでに余計なCMもないしな!!
(ここ重要)
よかった最寄りの映画館がここで……。
最近はマッドマックスの爆音が好調だったようですね。

バウスシアターで見た爆音のプライベート・ライアンと地獄の黙示録が
強烈で忘れられないので、
立川も過去の映画を爆音でやってくれてもええんやで。
僕は続夕陽のガンマンを爆音で見たいんだよぉ。
(バウスのとき毎回投票していたんですがー)


『キングスマン』
いやぁ、この映画……めっちゃ面白かったです。
マシュー・ボーン監督にハズレ無し!記録はまだ続きそうです。
教会のカット割りの少ない殺陣なんか圧巻でしたね。
正直言うと後半まで、よく出来たストーリーで普通に面白いんですが、
何か一つ足りないなぁくらいの感じで見ていたんですが、
まさかこんな展開になるとは……。
いやぁあれは反則でしょ。あんなん絶対笑うしスカっとしちゃいますわ。

権力者達がヴァレンタインに簡単に賛同していく過程が安っぽく感じたけど、
思い返してみれば、みんなクズで大したやつらじゃないんですよね……。
頭の良い馬鹿ってのは存在しますからね……残念ながら。

マシュー・ボーン監督は音楽センスがいいので爆音に非常に合います。
割りとそれ目当てだったのですが期待を裏切りませんでした。すごい。
(タダで見させていただいたので露骨な宣伝をはさんでいく~)

当たり前ですが、映画ってのはすべてに意味があるので、
あのシーンで何故あの音楽が流れたかとか、どういう意図があったか・
など、考えてみると面白いと思います。
キック・アスの「An American Trilogy」なんかは、プレスリーが好きで、
歌詞の意味も知っていたので本当に見ていて鳥肌立ちましたからね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。