『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』

待ちに待った新作!!
MIシリーズ大好きなので初日から劇場へ!!

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』

個人的にはデパルマ版が大好きなんだけど
前作から引き継いだクリストファーマッカリーの実力は本物だと思う。

厳かな空気感がありつつもギャグやアクションが面白くて
これぞエンターテインメントという感じ。
2時間半怒濤の勢いで畳み掛けてくるのがただただすごい。
撮影技術の向上も勿論あるんだろうけど、トムクルーズが56歳とは到底思えないぜ……。
(今回のオープニングの導入が明らかに映画1作目リスペクトでよかった)

いやまぁ、ストーリーが明らかに前作からの続きで見る側に優しくない作りだったり
お前明らかにアレだろ!! みたいな部分もあるんだけど
その辺上手く割り切って面白い作品に仕上がっててとても良かった。

こういう素直に楽しめる映画はとてもいい。

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』

前作をあまり好きになれなかったので
今回もハードルを低くして見に行きました。


『ジュラシック・ワールド/炎の王国』
放置された恐竜がいる島に火山活動が起きて
世界では保護団体やら政府がクローンの恐竜を救う?救わない?
で揉めているところから話が始まる。

ここはかなり重要な要素なんだけど
メインメンバーであるクレアたちの恐竜保護団体の考え方に
共感できないうちから恐竜を救いに行く流れになるので、置いて行かれてる感じがすごい。
どう考えても、一瞬出てきたマルコム博士の発言が真だと思うんだけど、
TVに映ったマルコム博士の映像をプツリと切ってしまうクレア。
それ以上の考え方や裏があるなら理解できるんだけど
こいつら間違ってないか? という疑問を抱いたまま話が進んでいく。
それも急展開でストーリーが流れていくので僕としては全然乗れなかった。

屋敷での話もかなり退屈だったんだけど
1番大きいところで言えば、最後の決断はあれでいいのか? っというところ。
自分としては全く賛同できる流れではないし、そもそも子供にやらせるべきじゃない。
「私も同じだから」というセリフがあるが、あの取って付けたように告げられた事実で
幼い子供が認識できたとは思えない(写真を見るシーンはあるとはいえ)。

この映画は続編を見越してラストの展開から逆算して考えたんだろうな
というのが透けてみえるのが酷い。
ブルーとの関係とかも前作で同じようなの見たし驚きはない。
そもそもハイブリッド恐竜が無双するのはただの怪獣映画だからな!

Tレックスくんが生きながらえたのは嬉しかったけど、マジでそれだけ。

『デッドプール2』

『デッドプール2』

1は確かに面白かったんですけど、個人的には
あまり残るモノはなかったかなぁという印象だったで
個人的にはあまり期待せずに映画館へ足を運んだのですが
今作は中々良く出来ていて楽しめました。

ただ時間移動ものという特性上、
”こうした方がいいのでは?””他人がたくさん死んでるけど影響は?”
みたいな部分で頭が痛くなるという問題が避けられないのと、

第四の壁がうんたらって部分で、今作のような意外と真面目な話になると、
アレはわかるのにコレは分からないんだ……みたいな考えなくても良い部分を
深読みしちゃうのが面白くもあり悩ましい感じがしました。

デッドプール映画のいいところは、周囲の仲間が軒並み”イイ奴”
という部分だなぁと個人的に思っているので、今作でそこが上手く
拡げられていたのは素晴らしいなぁという感想です。

最後の流れも好き嫌いが分かれる気がしたのですが、
個人的にはいろんな引っかかりが解消されたのと、
気持ちよく映画館を後にできたというところで良かったかなぁと。

あと、僕は『グリーンランタン』そこそこ好きなんですけど
やっぱり世間的には黒歴史扱いなんだろうか……。

「THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 5thLIVE BRAND NEW PERFORM@NCE!!!」

6/2,3に行われたミリオン5thに両日参加しました。
今年は初星から始まりMRなど多くのイベントに大満足で
どこが良かったなど書くのも野暮な気がして放置気味だったのですが
それだと自分の記録として残らないなぁと思ったので、
今回は(も)軽い気持ちでフワッと感想書きたいと思います。


「THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 5thLIVE BRAND NEW PERFORM@NCE!!!」

両日ともにクオリティーの高い素晴らしいライブでした。
普段であれば、個人的にどの曲やパフォーマンスがMVPだったかなど
なんとなく考えるのですが、今回に関しては”全員すごかった”という
語彙力の何もない感想が一番しっくりきます。
今までのライブでもすごかったのに、
全員が以前より数段階もパワーアップしていて鳥肌が立ちましたね。

39人(昴含む)みんなが努力して、楽しんで創り上げたライブだったことが伝わってきて
こちらも見ていて気持ちの良いライブでした。
2日で1つのライブというのはこういう意味もあるのかなぁと感じました。

告知は少なめでしたが、これからのミリシタでの展開や将来に期待が膨らみます。
さすがに6thのツアーを全部行くのはシンドイのですが、
最終と気になった箇所くらいには遊びに行きたいなという感じです。

『レディ・プレイヤー1』

若干忙しいのだけど、無理矢理映画館へ


『レディ・プレイヤー1』
素直に「楽しい!」と思える良い映画でした。
アニメゲーム映画のクロスオーバーはもちろん、映画ネタが多かったのが好印象。
回避不可能な予告編がゲームアニメネタばかりだったので、
とんだサプライズにニヤニヤが止まらなかった。

新しい作品なのに、昔懐かしいアドベンチャー映画を見られたような
なんとなくホッとする作品が楽しめたのは大きな収穫だった。