『エイリアン:コヴェナント』

プロメテウスが賛否すごかったけど僕はあまり楽しめなかった方なので、
とりあえず見ておくかくらいのノリで劇場へ。

ネタバレはありまぁす↓


『エイリアン:コヴェナント』
キャラクターと化したエイリアンを取り扱った作品とは違う
重々しい空気感があってとても面白かった。

最初のネオモーフが出てきたときのパニックぶりなんて本当にすごい。
女性クルーがショットガンを取りに行くときに通路で障害物に当たってこけるんだけど、
あのあたりなんて映画ではなく本当に襲われてるんじゃないかってくらいの迫力だった。

ほとんど主役がマイケルファスベンダーなので、
最後急に勇ましく戦うダニエルズが強すぎて笑ってしまったが……。
そこら辺はツッコミを入れるところでもないか……。

ラストの流れは読めてしまったんだけど、それでもゾッとするものがあった。
入れ替わるタイミングとしては、もちろん取っ組み合いの後だとは思うんだけど、
旧式でどう逆転したのだろうか……なにか伏線を見逃したのかもしれない。

エイリアン誕生の秘密も納得だったんだけど、
そんなにマニアじゃないので引っかかる部分もいくつかあったので
もう一回プロメテウスみたりなんなりしてみようかな。

『ダンケルク』

9月はいろいろ映画をやるので、
見に行きたい映画が溜まって思考停止になる前に。


『ダンケルク』
そこそこ面白かったんだけど、
こういう映画なのか……という困惑の方が大きかった気がする。
(事前情報なにも得てないので)

この映画は人間ドラマというよりは起こった事象と、
それに翻弄される人々を描写することに専念した作品だと思った。
登場人物の名前も別に必要としない作りなのは潔い。

時間軸も結構いじってて、ノーラン映画だなぁって感じもした。
ただ、これが効果的だったかは疑問。

特にマークライランスの船が先に出発したはずなのに、
他の小型船たちと同じタイミングでダンケルクに到着してるように見えたのがよくわからん。
距離が近いとはいえ、イギリスを先行して出発したわけだし、
時間いじくってるにしても見せ方としては到着して、兵隊たちを救助しはじめるのは先になるはずでは。
パイロットを助けてる間に追い抜かれたとしても、描写に違和感があったんだよなぁ。

なんかふわっとした感想になったけど
期待しすぎたかなぁという感じ。

多分この映画で言いたかったことは、ラストの盲目のじいさん辺りで気づくのかな、
とか思ったけど頭が悪すぎて何もハッとしなかったので、
もうちょい歳を重ねて、また見る機会があったら感ずるところがあるのかもしれない。

『スパイダーマン:ホームカミング』

アメスパ大好きだったので、若干複雑な気持ちを抱きつつ……。
一応見に行っておくかくらいのノリで映画館へ。

↓触れずに書くのが無理だったので、ネタバレある感想。

『スパイダーマン:ホームカミング』
アメスパで青年っぽくなったスパイダーマンをさらに子供っぽくした感じの新ダーマン。
アベンジャーズ関連の絡みが面白いかどうかって部分もあるんだけど、
そこはもうありきの企画だから言いっこなし、というところか。

前情報を全く仕入れてなかったので、まず敵がマイケルキートンなことに驚く。
子供っぽくスタークに認められようとするパーカーは好き嫌い分かれそうな気はしたけど、
自分は特に負の感情は抱かなかった。
この子がどう成長していくか、っていうストーリーであるわけだし。

まぁ別に可もなく不可もなくな感じで進んでいくんだけど、
後半のホームカミングでリズの家のドアを開けて出迎えた彼女の父親が
マイケルキートンだったことに や・ら・れ・た! と思ってしまった。
いや、たぶん伏線としてはそんなに難しくなかったはずなんだけど、気づけなかった……。
自分がぼけーっとしていたからなのか、それとも隠し方が上手だったのか……。
(配役の人種でカモフラージュをしていたし、あのカット割りと演出は自信があったんだろうけど)
おかげで家の中のシーンは、負けた気分になりつつ、緊張して観ることが出来た。

アクションシーンは夜間の空中戦にそこまで面白みが感じられなかったのと、
結構あっさり決着がつくんだなって感じはしたけど、
ドラマ部分が想像以上に面白かったので意外と気にはならなかった。

演技的には最後に社長の誘いを断った後、
一人階段を降りていくパーカーくんの表情がとてもよかったのでとても満足。


今までの2作品と違う空気感を持った作品になっていて
想像以上に面白かった。
今後もいろいろヒーロー物が出てくるけど、そっちも面白いといいなぁ。

アイドルマスターシンデレラガールズ5thツアー

ということで、シンデレラガールズの5thライブが終わりました。
今回はなんとなくツアー全部回ってやろうと思って頑張りました。
まぁ、行けてない日はあるのですが一応全会場は巡ることができたのでよかったかな。

次回何かしらでツアーがあっても多分今回ほどは頑張れないと思う。
そのぐらいは出し切った。
(というか今回ほどの強行スケジュールのライブはないと思いたい)

というわけで軽く感想でも書こうかな。


○2017/05/13宮城公演DAY1
ツアー初日ということで絶対外したくなかった公演。
特に意識はしてなかったんだけど、センターはきらりんの中の人。
この日全体で言うと、ワンライフがとても感動した。
歌上手なのは知ってたし、一番楽しみな曲だったのもあるけどマジでライブの力を感じた。
あとは、あんきら曲がCDやデレステイベントで聴いたときは
あまり好きになれなかったんだけど、フルでライブで聴いたら意外と好きになれた。
とても明るく面白い公演だったんだけど、2日目も見たかったなぁ。

・あれこれ
観光という観光はしてないんだけど、友人の車で行ったので交通費がバカ安だったのが助かった。
昼過ぎに会場の駐車場に到着するとめっちゃ雨で大爆笑。
100円の雨具で凍えた駐車場の兄ちゃんに、駐車場のチケット渡したときは苦笑いが出た。
物販も全然人が並んでなくて(無理もない)買物はとてもスムーズだった。
帰りの誘導が酷すぎて、若干ムカついたのは忘れよう。

んで、宿に戻って着替えてとある牛タン食える居酒屋に。
全公演でここの居酒屋が一番美味かったと言えるぐらい最高だった。
牛タン……うめ…うめ……。
店の雰囲気もよかったので、次訪れてもまた行きたい。


○2017/05/27石川公演
ここも初日のみ。
初石川だったので、観光気分で参加。
センターはまゆの中の人。
2ndの時点で、まゆにしか見えなかったのにどんどんまゆに近づいてる気がする。
エヴリデイドリームは何度聞いても良い。
1st行ってないので、ヴィーナスシンドロームを聴けて嬉しかった。

あとは森久保の中の人が森久保にしか見えなくて感動した。
MCパートでのトークがキャラと真逆でハキハキ伝えたいことを短く的確に話してて
いい歳したおっさんとしてもすげぇなぁと。
森久保は間違いなくそこに存在した。

・あれこれ
石川もレンタカー借りて会場までは車で移動。
やはり車があると快適。
初日は昼に寿司、夜は居酒屋で石川っぽい料理と地ビールを飲む。
ここで飲んだ百万石エールがとても美味しかったので帰りに買った。
2日目は観光に終始。
兼六園に石川城、そこからあえて徒歩で近江町市場に移動して早めの昼食。
ここの回転寿司は超美味かった。
店を出たら長蛇の列だったので、上手く立ち回れたな~って感じ。
帰りにお土産買って、昼頃そそくさと新幹線で帰宅。


○2017/06/10(土)大阪公演
大阪2日目に参戦。
さすがに金曜はキツイ!
セトリが同じなので情報仕入れたくなくて、完全にネットを遮断するハメになった。
席は運良ほぼど真ん中の前から3列目という強運。
思わず近くの知らないPとハイタッチしたり、テンションが上がる。
この公演はやっぱり
蘭子→小梅ちゃん→輝子→ルナティック
の流れは語彙力なくすほどすごかった。
個人的にパンデミックもCDではあんまり……って感じだったんだけど
ライブで聴くと、なるほどこうなるのか、という感動があった。
MCもすごく楽しかった。

あとはやはり、卯月の中の人がいる安心感がすごい。
宮城石川も楽しかったんだけど、卯月がいるとほっとする。
不思議な感覚。

・あれこれ
大阪はそこそこ来る機会があるので日帰りしようという話になり
宿は取らず、ライブ後速攻タクシーに乗って新大阪へ。
ライブのためだけに大阪へ行って、帰るというなかなかの贅沢。
タクシーで運ちゃんと会話したくらいしか大阪要素がない。
あぁでも一応ライブはじまる前に、大阪城周辺をぐるぐる歩いたな。
くっそ暑くて何してるんだと思ったけど……。

○2017/06/24,25静岡公演
ここから2days参加。
なんと言っても今回は乙倉ちゃんの追い風ランニング。
初登場でこれは、本当にすごい……素晴らしいパフォーマンスだった。
今後が楽しみで仕方ない。
あとは久々のパスピとRomantic Nowが嬉しかった。

・あれこれ
新幹線で行ったんだけど、こだまがこんなにも遅いとは……。
こんな近くで新幹線乗るのは初めての感覚。
1日目は、さわやかに連れてってもらって静岡らしいものを食べることができた。
とても美味しかった。
2日目、宿がなぜかスタッフと同じ宿になってしまってたようで、ばつが悪くてそそくさと退散。
会場外でスタッフT着るのって、社員証ぶら下げながら昼飯食ってる人たちと同じだと思うんですけど……。
くそ暑い中並んで限定CDをなんとか確保(なお、幕張では余裕があった模様)
初日これなかった友人が車で来たので、入場まで待避。
自分は初日ササッと入場したので気づかなかったんだけど、どうやら1日目は入場でトラブったらしく。
2日目は結構前から列ができてて、すごいことになってた。
まぁ、さすがに対応してたようでスルっと中に入れたわけだけど。
終了後、友人の車で優雅に帰宅。
車はマジですごい。

○2017/07/08,9幕張公演
両日ともに、ステージ対岸のスタンドで笑ってしまった。
しかし、内容はかなりよかった。
特にテイクミーテイクユーには感動した。
曲自体、とても好きなんだけど、涙を堪え震える声で歌いきったさやさやの姿にはグッとくるものがあった。
総選挙曲は本当に良い曲揃いだ。

・あれそれ
東京近郊なので特筆することはないんだけど、
同じ土日にモンストのイベントをやってたようですごい賑わいだった。
初日にドーナツ(うちわ)が売り切れたのもそのせいだと思う。


○2017/07/29,30福岡
正直一番楽しみだったのはこの公演。
登場キャストが他の公演とひと味違う印象だったから……
って言ったら分かってくれるだろうか。
恋色エナジーにライラックタイム。
意外とじっくり聴けてなかった曲をちゃんと聴けて良かった。
桜の頃~祈りの花の流れも素晴らしく、ライブ映えという意味合いで
勝手に心配してた祈りの花はよしんの中の人の歌唱力と演技力で、
そんな悩みが杞憂だったことがすぐ理解できた。
あとはノッシングバット、デレステのMVも格好良くて好きなので、早くCD欲しいです……。
ネオビューティフルは、中の人のパフォーマンスと演出で
とんでもない曲になってて変な笑いが出てしまった。

福岡公演はMCパートも面白くて
すいとーよ選手権は両日とても面白かった。
ソロ曲もない中で上田しゃんの中人の笑顔は輝いていた。
初日の終始明るい展開からの2日目。
かな子の中の人の涙は本当に綺麗で忘れられない。
気が早い話しだけど、MCパートはBDに両日とも絶対入れて欲しい。
あのアイマスですよ、アイマスは本当に心に染みた。

・あれそれ
7月末に終わらせなきゃいけない仕事があったのと、
飛行機に乗るのが嫌でずーっとどう行くか迷ってたこと、
おまけに友人が来られなくなってしまったので、正直福岡は行くか迷った。
結果的には行って良かったと思うけど、次回は大人しく飛行機乗ります。
初日、5時間かけて昼頃小倉到着。
(朝まで徹夜で仕事して新幹線で爆睡してたので実質ワープ)
合流したPと昼飯食べ、小倉城を目に焼き付けて適当に時間を潰しライブへ。
終了後は軽く食事してラーメン食べて宿へ。
22:00ごろだったかに宿へ戻り、休み休み次の日の昼過ぎまで仕事。
(よくやったなぁ俺……)
昼すぎに会場へ行って、適当に並んで2日目のライブへ。
終了後、ホテルの受付の人にお勧めされたラーメン屋に行ったんだけど、
そこが自分の口に合わなくて、この気持ちのまま仕事を再開したくなかったので
2件目に直行。
そこもそこまで美味しくなか……。
もう一軒行こうかと思ったけど、流石に支障が出そうだったので、宿に戻って朝まで仕事。
5時ごろやり終える。
寝たら爆睡してしまいそうだったので、新幹線まで脳がグラングランしながら起きてた。
8;30くらいの新幹線に乗って東京まで爆睡。
なかなかハードスケジュールだった。
時間に余裕があればもっと観光したり、きちんと調べて美味しいもの食べたかった。


○2017/08/12 SSA初日
なんと言ってもアップルパイプリセス。
これを聴けただけで嬉しかった。
森久保が歌うキミのそばでずっと、テイクミーテイクユー。
テイクミーは先述の通りだけど、キミのそばでずっとも好きな曲だったので感動した。
森久保が歌うあんずのうたは面白かったけど、
(個人的に!)森久保は働きたくない、ってのとは別で
内に秘めつつも、やれない……っていうのがポイントだと思うので、
ちょっとモヤモヤと……。

森久保の中の人の最後のMCには感動したし、
キャラだけじゃなくて中の人も応援したくなった。
とても感動。
最後の旗を振るとときんも素晴らしかった。
今までいろんな葛藤があったんだろうな。

SSA初日はキャストのパフォーマンスは最高だった。
でも、演出という点ではあまりよくなかったかなぁと。
ツアーってことを考えると、あまりなんとも言えないところだけど。


○2017/08/13 SSAツアーファイナル
ツアーファイナル。
公演7カ所回った人~、のちひろさんの問いに手を挙げられた嬉しかった。
浮かび上がったFINALの文字は感慨深い物がある。
ソロ1曲目の熱血乙女A。
何度も行ってるけど1st行けてなかったのもあって、めちゃくちゃ良かった。
これでライブでやった楽曲は全部生で聴けたと思う。
壇上を駆け回る中の人は完全に茜ちゃんだった。
パフォーマンスもすごかった。
アンサーからの流れは5th最終日として相応しい盛り上がりだったと思う。

曲数と人数が多すぎて、MCがあっさりになってしまったのはかなり辛かった。
4時間越えで贅沢言うなって話ではあるけど。
その場でもうちょっと感想を聞きたいんだよな。
悩ましいところだ。


○ツアーライブを通して
ツアーを通して思ったのは、やはり増えた人数を捌ききれてないのでは、ということ。
揃わないユニットも多くて複雑な気持ちに。
まぁそこはライブならではの組み合わせを楽しめるかどうかもあると思うけど、
これだけ個性あるキャラクターと曲で、さらにデレステでユニットに名前を付け
ストーリーを作っている以上、アイマスはどのキャラがどれを歌っても……という
理屈はあまり通ってないような気がする。

あとはソロ曲がない子たちの問題。
量産してクオリティが下がっても困るけど、こればかりはどうにかして欲しい。
来年のドームライブは10th並のお祭り気分で組み合わせがどうであれ楽しめるだろうけど、
更に増える子たちに、その後上手いこと活躍の機会が設けられるのだろうか。
勝手な不安だけど、やっぱり考えてしまう。


後半ネガティブな意見が増えてしまったけど、
ツアー自体は、ライブはもちろん普段行かないような地方にも行けて楽しかった。
好きだからこそ勝手に不安になってしまう部分もあるのかもしれない。
来年のドームは……ドームなら当たるかな……。
どうなんだろう……。


殴り書き+朝型のテンションで適当に思いだしたことを適当に書いてるので
誤字脱字や変な表現があったら申し訳ない。
誰も見てないだろうけど。

『ジョン・ウィック:チャプター2』

前作が奇妙な面白さがあったので
あまり期待せずに今回も劇場へ。


『ジョン・ウィック:チャプター2』

続きもの利点は面倒な説明がいらないところ。
この映画をどんな映画か理解した上で見に来る人が大半だからだ。
しかし、その変わりに前作を見ていることが前提になるので、
客層が狭まるという諸刃の剣なわけで……。
前作のあの特殊な感じを考慮すると、上映館数が少ないのは仕方ないな、という感じ。
ただ、あれで楽しめた人間はだいたい楽しめると思うので、
バイオハザードみたいに、細々と続いてほしい映画ではある。

ただ、今作は前作のような奇跡的な、変な映画だけどなんか楽しい……。
という部分が若干薄れているように感じた。
その理由は、(そういう映画じゃないにしても!)
いくらなんでもストーリーに無理があるように感じたからだと思う。
ジョンウィックがダントニオと契約していたことも、暗殺者が大挙してジョンを殺しに来ることも……。
どうしてそうなるんだよ!
という突っ込みを心の中で何度も入れてしまった。

まぁでも、この映画のテイストはなんだか癖になる面白さがあるし、
見終わったらなぜか許せてしまう魅力があるので、次回作にも期待したいという感じ。

これもひとえにスタッフがノリノリで楽しそうに作ってる姿が容易に想像できるからこそ、
そう感じるんだろうなぁ。