『1917』

久々に更新。
トレーラー流れ始めたころからずっと楽しみにしていた映画。
仕事滅茶苦茶忙しいんだけど、気分転換にと思って映画館へ。
以下ネタばれあり感想↓

『1917』
サムメンデスなにやってんだよ!
と言いたくなるぐらい個人的には厳しい映画だった。
いろんなストレスで精神が貧民街時代に戻ってるのもあると思うんだけど、期待していただけに落差が酷い。
この映画、アカデミー賞にノミネートされただけでも奇跡では。

まず『バードマン以下略』と同じようなワンカット(風)映画と散々宣伝されているが、
途中で意識が途切れて暗転し時間経過しているのでワンカット風でもなんでもない。
単純に宣伝の問題だとするならこれは酷く間違った宣伝だと思う。

少し戻るが、橋を渡る手前までは割と凡作ぐらいの気持ちで観ることは出来た。
しかし敵のスナイパーに狙撃され始めてから嘘くささが加速する。
まず、あの流れなら先程まで一緒にいた味方は気づいて援護してくれると思うのだがいったいどこにいったんだろう。ワンカット(風)なので時間が飛んでるとも思えないので非常に不思議。見ている俺が情報処理しきれず悩んでいる間に打ち合いになり時間経過。
相手の弾がヘルメットに当たって気絶したんだろうな…
というような感じはしなくもないが、なぜ主人公が生きてるのか状況も掴めない。

それからの流れは画が幻想的でファンタジーの世界のように見える。
少し走っただけで街に着くし、距離感も謎。
都合良く川に落ちると神に誘われるがごとく部隊の最後尾に合流する。
やたら上手い歌を唄ってるのも嘘くさい。
こっちはファンタジーとしてこの映画を見れば良いのかスタンスがわからなくなっている。

ドイツ兵の描き方もワンパターンで、自分が死ぬかもしれない不利な状況で牙を剥くのはどうなんだ。

川で花びらを見て相方を思い出して奮起するシーンは良いと思ったが、
許せないのがベネディクト・カンバーバッチに届けた手紙……あんなに綺麗なわけないだろ!!
川の中泳いできたんだろ!ズタボロのぐちゃぐちゃになってるはずだろ!
できたものに「こうした方が良い」と言うのは嫌いなんだがあえて言うなら、
あそこは滲んでわけ分からん手紙を渡されるが、主人公のボロボロの姿を見て伝令が本物だと認めて中止するのが正解じゃないか?

ドンパチやってたすぐ近くに救護所があるのもなんか納得いかないし、よくわからん。

最後の方は明らかなシーン代わりっぽいタイミングで状況が変わってると考えたが、
それならワンシーンワンカット風でやる意味がよくわからん。

あと、無断に全体がワンカット風だったせいで、決め部分のはずの塹壕から飛び出して走るシーンの
迫力が激減している。

この映画、ひょっとして長回しはあそこだけでよかったんじゃないだろうか。
時間経過してしまったあそこで、見ているこっちの気持ちも完全に途切れてるし。
期待しすぎただけになんとも言えない映画だったことが非常にショック。

睡眠取らずに朦朧としながら見に行ったので、なんか見落としてる可能性もあるけど
もう一度見たいとは思えない映画だった。
久々に書く感想がこんなことでいいのかよくわからないけど、僕は一応生きています。

『スパイダーバース』

いつもの映画館の2D初回を予約して見に行く。
開始とともに日本語吹き替えだということが分かって頭を抱える。
(別に吹き替えが嫌いなわけではなく、せっかく吹き替えで見るなら3Dが良かったということ)
結果的にはPS4版と吹き替えが同じだった(気がする)のですっと入っていけて良かった。
見たのはちょい前なのですが良かったので適当に感想をば。

『スパイダーバース』
問題を抱えた人間(主人公)が不測の事態に遭遇し乗り越えて成長する。
という映画の基本をきっちり抑えた素晴らしい作品。
映画の常套手段であるが効果的に使うのが非常に難しい「繰り返しの演技」を活用し、主人公の成長を魅せているのは本当にお見事。

長編アニメーション部門も納得だし、下手したら通常の作品賞に入っていてもおかしくないクオリティだと感じた。

あまりアニメ映画は見る機会が少ないのだけど、今作については、きちんと実際のカメラで撮影しているような画角になっててすごいなぁと。大げさに言ってしまえば、きちんと役者が演技をしていて、後ろに撮影クルーがいるような雰囲気を感じ取れた。それがリアリティの向上に繋がっていて、その上でアニメ的表現が加えられていることにとても感動した。

『運び屋』

大好きな監督の映画なので初日から行ってきた。
真ん中やや後ろの席で両サイドに人なし。
完璧な環境で映画が見られた。


『運び屋』
静かな音楽が流れるオープニングに表示されるマルパソフィルムの文字。
イーストウッドの映画を見に来たなって感じがする。

テーマはズバリ仕事と家族で、内容もストレートだがイーストウッドは伝え方が上手い。
メインは勿論イーストウッドだが、この作品を見ていると登場する人物1人1人の仕事と家族について考えさせられる。
なぜかというと全員が血の通った人間として映画の中に存在しているように見えるからだと思う。

今作は老人の旅を描いたロードムービーのように感じた。
90歳になって初めて気づくこともあるし、いつまでも成長する。
希望に満ちた作品だと思う。
運良く長生きして老人になったときに再視聴したら更に得るものがあるだろう。


しかしイーストウッドとアンディガルシアはいくつになっても格好いい。
そう考えると、自分はいくつになっても不細工なのかも知れない。

2018

というわけで2018年ももう終わり。
今年は周辺環境がいろいろ変わったり仕事が忙しかったりでなかなか大変な年でした。
その分遊べるときは遊んだんですが、のらりくらり遊ぶのも若干の限界を感じる。
来年は何かを変えたいなぁと思いつつ、仕事の忙しさを理由に現状維持になる予感。
出来るだけ頑張る。ケセラセラで。

今年は割と映画が豊作だった気がする。
まぁ、あまり新作見られてないですが。
来年はイーストウッドの新作があるので楽しみやね。
頑張って生きるよ。

ゲームに関しては、集中力の欠如と新しいステムを覚えられないのが起因して割と積み気味に。
PQをやっとクリアしたので、PQ2も頑張ってクリアまで持っていきたい。


いろいろあって、毎年の恒例行事が今年からないのでなんだかソワソワする。
家で年越しするのは10年ぶりぐらいかも。


適当ですが、一応不定期に思ったことは更新はします。
それではみなさま良いお年を。
しーゆーねくすといやー!

『ボヘミアン・ラプソディ』

監督とかまったく知らなくて最後に見たらブライアンシンガーでいろいろ納得。
でも途中で解雇されてるんだ……しかも理由がなんともダサい……。
確実に名作と言える作品だし好きな監督なのでちゃんとして欲しいぜ……。


『ボヘミアン・ラプソディ』
すごすぎて見入ってしまった。
何がすごいかって言うと開始0秒で鳥肌が立ってこの映画絶対面白いぞ!と思わせにくるところ。
そこからノンストップで最後まで面白いのは本当に感服。
導入が下手くそな映画は見習って欲しい。

知らない人はいないと思うけど、フレディがゲイだっていうのを理解してないと
カムアウトまでのいろんな箇所での間が不穏すぎて違和感すごいだろうな。
それにしてもフレディがメアリーの彼氏と遭遇したときのカット割りと間は素晴らしかった。

脇役に無駄がないのも見ていて本当に気持ちが良い。
先日ヴェ○ム見たばかりだったので尚更そう思う。

もちろん元の一流な逸話、素材、楽曲があるのはアドバンテージだけど、
その分スタッフ、役者、観客のハードルは尋常じゃないわけで……。
この映画は圧倒的な作り手の努力でクリアされていて、ハッキリ言って名作の域に達していると思う。

ライブエイドのシーンで実際に歌った曲の歌詞にストーリーが完璧にマッチしてるのは
制作陣がかなりの割合で本人の考えや思考を読み取れてたことが窺える。

学生時代にヘビロテしてたぐらいの自分でも感動して震えたのだから、
隣の席のおばちゃんが号泣してたのは大納得だ。

久々に映画館で見て良かったと思う映画に出会えた。
期間中まだ余裕があったらもう一度見たい。